アルツ磐梯
アルツ磐梯
ALTS MAGAZINE vol. 25

スキー進化論 -vol.3-
レーシングやデモスキーからみるスキー板の進化

category : pickup
writer : riki nakajima
2016.01.20

雪上を容易に歩き移動するためのスキーはまず、スピードそしてコントロールテクニックを競い始める。

エッジがついたことでスキーは劇的に変わった。硬い斜面でも滑れるようになり、反応が良くなりコントロール性能が格段に向上した。滑走性も高まり、硬くパック(圧雪)された斜面では重力から生まれる落下運動の力を阻害する摩擦抵抗が少なくなりスピードを出せる。スピードを求めたスキーはハイスピードでも安定するように重く、硬くなった。
スキーはその重力(落下)で得たスピードを殺さないように方向づけをしてターンを繰り返す。スピードを殺さないようにするためには落下に対して極力無理な抵抗が生まれないようにスキーを動かさなければいけない。

そのためには重力と自重を利用して徐々にスキーのトップからたわませて弧を作り、その弧に沿わせて方向づけるのが良い。その弧を力を加えてたわませずして最初からスキーの形状として搭載したものが、近年の主流であるカービングスキーだ。重力を無駄なく横方向の力へと導いてくれるものだ。

さらにその・・・と続けるとどんどんマニアックな深みへとハマっていくので控えるとして。このように高次元でのスピードとコントロールを求めたレーシングや基礎系のハイエンドなデモスキーは、F−1と同じだ。一般ドライバーでは扱いきれない。それ相応の鍛えられた身体があってこそ、その性能を引き出すことができる。レーシングや基礎系のデモスキーを選ぶときに“高いものは良い”は通用しない。スキーそのものは確かにハイエンドな作りをなされているものに違いはないがF−1で公道は走れないのだ。

しかし、その逆に最近では安くても性能・品質の良い軽自動車や乗用車といったスキーが多く存在する。それは自動操縦機能のついた近未来カーのように快適なドライブを可能にしてくれる。
レトロなクラッシックカーも個人的には大好きだが、あなたがもし「スキーは難しい」という印象を持っているなら、まずはお近くのプロショップか優秀なインストラクターなどプロの方に相談するといいだろう。自分にマッチした最新の一台を手に入れてみてはいかがだろうか。その一台はあなたに、車ではいけない最高の景色を見せてくれることだろう。

【協力】

【Mountain Freestyle CAT Tour】

グラビティライド ~重力を活かす~
日時 2月13日(土)
時間 9:00〜16:00
集合 8:30までにリゾートセンターインフォメーションカウンターまでお越しください
参加条件 中斜面を連続ターンで難なく滑走可能な方以上
参加人数 10人
参加費 12,000円(時間内CAT乗り放題・1,000円分のランチ券付)
内容
●重力(落下)の再確認●パンピング●ズラし(落下とマッチしていない加重とエッジング)●加重●重力を使って重力に逆らう●総合滑走

予約 WEB予約
 1.予約サイトへログイン
 2.参加日を選択
 3.[ガイド]-[Mountain Free Style tour]を選択
 4.[予約確定、情報入力へ]を押す
 5.必要事項を入力する

writer
アルツガイドチームリーダー
中島 力
「星野リゾート アルツ磐梯」のマウンテンガイドを務めるフリースキーヤー。どんな斜面でも突っ込んでいくスタイルが信条。 各種イベントのMCとしても大活躍。

Recent Post

最近の記事
pagetop