アルツ磐梯
アルツ磐梯
ALTS MAGAZINE vol. 58

あなたは「自分で洗濯」派?それとも「クリーニング」派?

category : pickup
writer : アルツマガジン編集部
2017.05.04

ウィンターシーズンに大活躍した「スキーウェア」、「手ぶくろ」、「ニット帽」は、使った後、どのようにしていますか?

シーズン中に、どのくらい洗濯やお手入れをしているかは、人によって異なりますが、シーズンの終わりには、ぜひとも一気にメンテナンスしたいもの。

後でやろうとおもって、ハンガーにかけてそのままになっていませんか?
来シーズンも気持ちよく使えるように、レッツメンテナンス!

今回は、上記3つのアイテムごとに、自分で洗濯できるか?洗うなら注意すべきことは?など、ちょっと役立つウィンター衣類のメンテナンス情報をお届けします。

ウェアは、「自分で洗濯」できるの?それとも「クリーニング」?

お手入れの手始めは、ウェアの内側についている「取扱い表示」を確認しましょう。もし、「水洗い」OKのマークがあれば、自分で洗濯してもクリーニングに出してもOKです。「水洗い」NGであれば、お近くのクリーニング店に出しましょう。

水洗い予定の方へワンポイントアドバイス

・汚れているところは、ふき取るように「手洗い」。
・軽く「脱水」だけ洗濯機で。
・柔軟剤は要注意!撥水加工を痛めてしまう可能性があります。

tsuruga

手ぶくろ(グローブ)も、お手入れしたほうがいいの?

スキー場で使うたびに洗う必要はありませんが、意外と汗の量が多くて、痛みやすいもの。ワンシーズンに一回は、しっかりお手入れすることをおススメします。「革製品(本革・レザー)」なのか「合皮」なのかで、大きくお手入れ方法が違います。

本革製のグローブの場合

インナーだけ外して洗濯。皮側は、乾燥が天敵なので、保革油を塗ってオイル補給を。
低温で、湿度が低く、風通しの良い場所に保管しましょう。

合皮グローブの場合

ぬるま湯(30~40℃程度)をはり、薄めの中性洗剤を入れてさっと汚れを落としましょう。
その後、風通しがよい陰で干してあげましょう。

tsuruga

ニット帽のお手入れも忘れずに。

最近は、スキー場ならずとも、いろんなシチュエーションで使えるニット帽。女性であれば、おでこあたりのファンデーションが帽子側についてしまうなど、意外と汚れがたまっています。ウェアと同様、「水洗い」がOKかどうか、選択表示をチェックしてから、お手入れしましょう。

「干し方」の落とし穴に気を付けて!

ニットは伸び縮みしやすいので、ぜったいに洗濯バサミで吊って干さない事!
清潔な平たい場所に、置いて干してくださいね。

さあこれで、来シーズンも、パリッと気持ちのいいウェアーで、ウィンターシーズンを迎えましょう~!

tsuruga
writer
アルツマガジン編集部
「星野リゾート アルツ磐梯」のウェブマガジン編集部。スノーライフがFun!になる情報を捜し求めて日々うろうろ。

Recent Post

最近の記事
pagetop