アルツ磐梯
アルツ磐梯
ALTS MAGAZINE vol. 45

16-17 ALTS MAGAZINE VOL.5
アルツ・ネコマ共通シーズンパス

category : pickup
writer : Keiichi Ishiuchi
2016.09.01

アルツの魅力をより深く探究する「ALTS MAGAZINE」。
皆さん!もうシーズンパスは購入しましたか??そんな回数行かないから”いいよ”って思う方も多いはず。しかし…アルツ・ネコマ共通シーズンパス(以下、シーズンパス)の本当に凄さを知ってしまうと買いたくなる!はず!5回目の今回はシーズンパスの魅力をリサーチ。

シーズンパスの奨め

ちょっと難しい言葉で”損益分岐点”というものがある。分かり易く言えば、売上げと総費用が等しくなる点。これをシーズンパスの購入に例えると、「早割」でシーズンパスを購入して49,000円。段階的に安くなるアルツ磐梯のリフト1日券を購入したとすると、16回目から元が取れる計算になる。しかし16回ってなかなかの日数だし、毎週末滑ったとしても8週間。約2か月。う〜ん。近くに住んでいれば現実的だが、自宅が遠いと達成するのは決して容易ではない。しかし、数々の特典を知るとシーズンパスの価値はぐんと広がる。

この機会に北海道「星野リゾート トマム」に行こう!

シーズンパス特典の一つとして、「星野リゾート トマム」で滑走可能という事。トマムの解放エリアでドライパウダーを堪能するのもよし、リゾート気分に浸るもよし。最近LCCのお陰で、北海道までの航空券は安い。せっかくなら、冬に行ってみる価値大。なにせ現地に行ってもリフト代金は不要なのだから、行かない手はない。しかも今年のトマムオープン予定日は11月26日。初滑りをトマムで!これもまた共通シーズンパスの新しい使い方。

この機会に各種プログラムを体験しよう!

シーズンパスには色々な特典がある中、やはりオススメは、今年から開始する「ガイド付ファーストトラックツアー」。みんなが待ち望んでいた、誰もよりも早く全てのリフトに乗れる「8コースファーストトラック」第2弾。降雪直後の猫魔ボウル1・2のパウダーを独り占め。完全圧雪の綺麗なバーンを独り占め。通常価格よりも30%割引で体験が可能。この機会に天気図と睨めっこして体験するのも悪くない。ただし「ガイド付ファーストトラックツアー」は、土・日・年末年始期間のみなので気をつけて!

そして話題の「ALTS Friends」も割引!!

今年から開始する”ただひたすらみんなで滑りまくる”ALTS Friendsもシーズンパス保持者なら30%ディスカウント。ジャンル&スタイル毎に分かれた、各種のFriendsにぜひご参加を。もちろんプロライダーをゲストに迎える「ALTS Friends」もディスカウントするので、ゲストライダーのスケジュールを常にチェックして!

エンドレスウィンターを体験出来る!!

今年のビックニュースとして、南半球ニュージーランドの「カードローナスキー場」と相互利用が可能になった事。現地で購入すると、リフト1日券が103$(約7,500円)となかなか高額なので使わない手はないでしょ!最大7日間(利用には一定条件有)利用できるので、フルで使えばすぐに元が取れる計算。素晴らしい景色と広大なゲレンデ。真夏の暑い日本を脱出してニュージーランドで滑るなんて、シーズンパスを購入すると魅力が拡大するわけ。今まで購入頂いていた方も、そうでない方も検討してみてはいかが??

writer
石内 圭一(CAP)
猫魔パークで肋骨複雑骨折以来パークにはほとんど入らなくなった40代スノーボーダー。 35歳までにバックサイド900の夢も達成出来ず今でははすっかりパークが遠い存在に。年間滑走日数100日、年間サーフィン日数60日目標の横ノリオヤジ。現在フリーライターとしても活躍中。Blog→http://sbn.japaho.com/category/blog-sbn/ishiuchi-kei-blog

Recent Post

最近の記事
pagetop