アルツマガジン

ALTS MAGAZINE

スキー・スノボデビューさん必見!スキー場についたら、とりあえず何する?

2017.02.12 必見記事

はじめて滑るんだけど、ゲレンデデビューって?

いつかはトライしてみたかったスキー、スノーボードに、初めて挑戦するという人にとって、最初の第一歩がスムーズに踏み出せることは、とっても重要です。準備が大変だしお金かかるよね?とか。スキー場についてから、ゲレンデに出るまで、何をしたらいいの??という声を、ちらほらお聞きするので、「アルツ磐梯」での楽々でお得なゲレンデデビューのステップをご紹介します。


はじめに : スキー場では、スキー・スノーボード専用のウェアでデビューしよう

「アルツ磐梯」は、南斜面のため太陽を浴びながら滑走ができますが、それでもベストシーズンは最高気温が氷点下。ゲレンデデビューのためには、スキーやスノーボード専用のウェアを、しっかり着て挑みましょう。スキーウェアやボードウェアは、普通のアウターよりも、防水性や撥水性が優れています。最新モデルでは、暖かいのに軽くて動きやすいものや、熱くなってきたら脇腹のジッパーを開けて、ムレを防止してくれるベンチレーション機能が備わっています。
ただ、スポーツショップに行って買うとなると、結構高いですよね。「やったことないんだけれど、とりあえず、スキー・スノーボードってどんな感じか知りたい!」という人にはなかなか手がでない価格だったりします。高いアイテムを自分で買いそろえる前に、レンタル品で試してみると、本当に自分で買うときの参考にもなるので、最初の1日目は、ぜひレンタルウェアで体験してみてください。


ステップ1 : レンタルカウンターで、サイズを伝えて、借りる準備をしよう

身長、体重、足のサイズ、この3つのサイズを申込用紙に記入して、レンタルの受付をしましょう。単品レンタルやセットレンタルなど、必要なものだけを借りることができます。レンタルするものを決めたら、お会計をお済ませください。事前にレンタル申込書に記入して持ってくるとさらに楽ちんです!
「アルツ磐梯」では、初めてスキー・スノーボードに挑戦する方を応援する「手ぶらセット(12,800円)」をご用意しています。これさえあれば、華々しいデビューDAYを迎えられますよ!

「手ぶらセット」に含まれるもの

スノーボード or スキーセット
ウェアセット
ゴーグル
帽子
グローブ


ステップ2 : 好きなデザイン、カラーのウェアを選ぼう

「レンタルで借りるものって、ださいし古いって聞きました」と、不安そうな顔で、レンタルコーナーにお越しになる方もいらっしゃいますが、「アルツ磐梯」では、そんな心配は無用です。カラフルで、スタイリッシュなウェアがずらっと並ぶコーナーで、ゆっくりお好きなものをお探しいただけます。あたかも、街中の大きなスポーツショップで、新しいウェアを選ぶかのような感覚で、品定めしていただけます。いろいろ見て、テンションの上がる自分の1着を見つけてくださいね。
「スタンダード」ウェアでも、もちろん十分いろいろお選びいただけますが、+1200円の「プレミアム」ウェアでは、さらに高機能な上位モデルや、今シーズン最新モデルをご利用いただけます。板やブーツはスタンダードでも、ウェアはせっかくなら、ワンランク上のモデルを着てみて良さを感じてみるのもいいかも。



ステップ3 : 足が痛くないブーツを選ぼう

デビューを少しでも快適に、そして少しでもうまくなって1日を終えるには、足が痛くならないブーツ選びが、一番ポイントになります。厚手の靴下を履くと、いつものサイズより大きいものでないと足先があたってしまうことがありますので、ご注意を。また、はじめてだと、ひもの締め方やバックルの止め方がわからないかもしれません。そんな時は、レンタルスタッフから、フィッティングや履き方アドバイスを聞いてみてください。スノーボードのプレミアムブーツはボアシステムというくるくるダイヤルを回すだけで、楽に履けるブーツもご用意しています。


ステップ4 : 体格やレベルにあった板を用意してもらおう

板選びも、重要なポイントです。初めてだと、どうしても板の色や柄に目がいくかもしれませんが、そこはぐっとこらえてくださいね。大事なのは、板の「長さ」、「重さ」、「柔らかさ」、「カーブのつき具合」です。滑るスタイルによってさまざまな種類がありますが、初心者向けの滑りやすいものから、とりかかるのをおすすめします。レンタルスタッフが、お客様の体格や、滑りのレベルにあわせて、ご用意しますので、安心していろいろお尋ねください。