アルツマガジン

ALTS MAGAZINE

怪我しないためのストレッチ。

2017.05.26 人気記事

運動の前にどんなストレッチをしていますか?

スポーツするなら、怪我せず楽しみたい。誰もが願うことですね。この記事では、柔軟性を向上させる「ストレッチ」にスポットを当てて、基本的なポイントをご紹介します。

2つのストレッチ

そもそもストレッチはそもそも筋肉や腱を「伸ばす」ということ。
体の状態をどう変えたいかという目的によって大きく2つ、「静的ストレッチ」と「動的ストレッチ」に分かれます。

静的ストレッチとは?

静的ストレッチはゆっくり時間をかけて筋肉を伸ばしていくストレッチ。
筋肉の可動域を広げることが目的。いわゆる「やわらかい体」を手に入れ、ダイナミックなパフォーマンスができるようになるかもしれません。また、老廃物を流したり、心を落ち着けたりする効果もあります。運動後や、就寝前、日常的に取り入れたいストレッチです。

動的ストレッチとは?

リズミカルに体を動かし、筋肉を伸ばす動きを取り入れたストレッチです。サッカー選手などスポーツ選手がウォーミングアップで行っているのを見るかもしれません。筋肉の柔軟性と温度を高め、パフォーマンスの向上、怪我防止のためのストレッチです。滑る前にするストレッチはこちらですね。

気を付けること1:反動をつけない

「イッチ、ニー、サンッ、シッ」と反動をつけながらストレッチをする方を見ますが、反動をつけることで無理な負荷がかかり体をいためてしまうこともあります。滑らかに、ゆっくりと伸ばしていくことを意識しましょう。

気を付けること2:呼吸は止めない

どうしても伸ばすときに、苦しくて息を止めてしまいがち。ですが、息を止めることは筋肉を固め、リラックスできていない状態です。呼吸は意識してすることで、リラックス、筋肉も緩んでいきます。

気を付けること3:無理をしない

一番大事なのが無理をしないこと。武道、拳法など修行痛い痛いと泣きながら股割りなどしていることもありますが、筋肉や腱を傷める可能性が大きくなります!痛いと思うところまではやらないように、気持ちよいところでとめましょう。

最近は動画などでもストレッチを紹介していて、動きや意識するポイントがとてもわかりやすく便利ですよ。ぜひ調べてみてください